のぼせやすい人には漢方がおすすめ

のぼせと言っても、実は色々な原因が考えられます。
ホルモンバランスの乱れによって起こるのぼせやホットフラッシュ、イライラからくるのぼせなど、様々です。その悩みによって、漢方を選ぶことで、しっかりと効果が出やすくなります。
漢方が初めての方や、薬を飲んでいる方、漢方を飲んでいるけれど効果が出ないという場合は、一度専門医に相談してみましょう。

のぼせにおすすめの漢方

・温清飲(ウンセイイン)
のぼせにおすすめ出来る漢方薬で、手足などの部分的なほてりなどにも使用できます。ホルモンのバランスを整える作用もあるため、生理不順や生理痛、更年期障害にもおすすめです。
のぼせによって起こる乾燥やかゆみ、肌の色が悪いときなどにも効果的なので、皮膚病などにも使用されています。
【ブレンドされている生薬】
当帰(トウキ)
川芎(センキュウ)
芍薬(シャクヤク)
地黄(ジオウ)
黄ごん(オウゴン)
黄柏(オウバク)
黄連(オウレン)
山梔子(サンシシ)

・黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
イライラしてしまったり、頭に血が上りやすいときに良いとされていて、更年期障害にも使用できます。のぼせて顔などに赤みが出ている時にはおすすめの漢方薬です。
他にも、めまいや動悸のノイローゼなど気持ちが不安定だったり落ち込んでしまっている時でも、心を落ち着けてくれます。
【ブレンドされている生薬】
黄連(オウレン)
黄ごん(オウゴン)
黄柏(オウバク)
山梔子(サンシシ)

・桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
女性が使うことの多い漢方薬で、生理不順や生理痛、ホットフラッシュなどにおすすめ出来ます。頭痛や腰痛などの鎮痛作用も期待できます。
のぼせなどによって妨害されていた血の巡りが正常になるため、シミやクマなどを改善してくれます。ただし、便秘の人にはおすすめできないので注意しましょう。
【ブレンドされている生薬】
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
茯苓(ブクリョウ)
桃仁(トウニン)
牡丹皮(ボタンピ)

・三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)
のぼせによる鼻血や、顔に赤みのある人におすすめの漢方薬です。ストレスによる不眠や便秘、高血圧などにも効果を発揮してくれます。高血圧によって起こる肩こりやめまいを感じた場合にも使用できます。
比較的体力のある状態での服用をおすすめしているので、体力がないという場合には避けるようにしましょう。
【ブレンドされている生薬】
黄連(オウレン)
黄ごん(オウゴン)
大黄(ダイオウ)

・桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
ホルモンバランスを整えてくれる漢方薬で、女性特有のイライラや憂鬱感を解消してくれます。それらによって起こる腰痛や肩こりなどにも有効です。なんとなく毎日だるさを感じる、疲れが取れないというときにも使用できます。肥満タイプで憂鬱な方などにも効果を期待できるものです。
この漢方薬に含まれる甘草(カンゾウ)を含む他の漢方薬と併用して飲むと、摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があるので注意してください。
【ブレンドされている生薬】
大黄(ダイオウ)
芒硝(ボウショウ)
桃仁(トウニン)
桂皮(ケイヒ)
甘草(カンゾウ)

よく足がつる人にも漢方がおすすめ

普段の生活でも寝ているときや運動しているときに突然起こる”足のつり”も漢方で体質から治すことができます。

足のつり(こむら返り)は何度も繰り返して悪循環に陥る前に”血”の不足も治しましょう。

血(けつ)

漢方では薬を判断するときに体質・体調等の多くの”ものさし”が必要になります。
その代表的なものの1つが「気・血・水」の3要素で、足のつりには特に血(けつ)の影響が考えられます。

血は気・水とも関係していてバランスを保っています。
血の乱れは早めに正常な状態に戻して気・水も乱れることがないようにしましょう。

●気:元気・気力といった目に見えない生命エネルギーのこと。

●水:血液以外の水分とその働きのこと。

足がつりやすい人

血は体全体に栄養分を送っています。
そのため”足のつり”には血の不足や滞りの他、栄養不足であることが考えられます。

他にも糖尿病や肝硬変等の慢性肝疾患がある人、高血圧や高脂血症の治療薬である降圧薬(β遮断薬、Ca拮抗薬)に、HMG-CoA還元酵素阻害薬やフィブラート系薬剤を服用していると足がつりやすいようです。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

体質にはあまりこだわらない漢方薬です。
胃腸や胆のう、尿路や子宮等の平滑筋や手足の骨格筋の緊張を緩めて痛みを和らげます。

特に「さしこみ」といわれる平滑筋の異常収縮による鋭い痛み(疝痛)に効果があります。

具体的には、胃けいれんを含め胃痛や腹痛、胆石や尿路結石による疝痛、筋肉のつっぱり・こわばり・痙攣を伴う筋肉痛、神経痛、腰痛や肩こり、生理痛等の多くの痛みに広く用いられています。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

虚弱体質で冷え性、特に高齢者によく処方されます。
オヘソから下の下腹部がふにゃふにゃと力がないことも使用目安です。

体力をつけて体の水分の循環も良くして腎の機能を高め、足腰や泌尿生殖器等の下半身の衰えにも効果があります。

他の症状には顔色がすぐれない、足腰の冷えや痛み、しびれ、夜間頻尿、多尿、尿量減少、むくみ、かすみ目、皮膚の痒み等に用います。
また、そのような症状を伴う前立腺肥大症や糖尿病にも適応します。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

普通程度以下の体力で冷え性に向きます。
こちらも高齢者向きの漢方薬です。

体の弱った機能を元気にして足腰や泌尿生殖器など下半身の衰えにも効果があります。

加齢に伴う冷えや血管の老化も改善して、胃腸機能を回復し、腰部および下肢の脱力感、冷え、しびれ、こむら返り等の症状を緩和します。

柴苓湯(さいれいとう)

体力が中程度の人によく使用します。
口が渇き尿量が少ないことも目安にあります。

体の免疫反応を調整して炎症を和らげるほか、体の水分の循環を改善して無駄な水分を取り除きます。

他にも急性・慢性の下痢で、食欲不振、胸から脇にかけて重苦しく張っているような状態、腸炎などによる下痢や嘔吐、むくみ等に適応します。

予防方法

足がよくつる人は漢方で体質改善をする以外にも、普段からストレッチやウォーキング等で運動不足を解消して、筋力低下と血の滞りを解消する必要があります。

また血に含まれている栄養分をしっかりと体全体に送るためにも鉄分やカルシウムやマグネシウム、ミネラル、ビタミンB群等もしっかりと摂取して、疲労回復と血行改善に努めましょう。