ここ数年、うだるような暑さの日本の夏に、夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。夏バテは気温の変化に耐えられない身体が引き起こします。体中がだるかったり、やる気が起きなかったりとすっきりしない夏バテを吹き飛ばす薬膳レシピで夏を元気に過ごしましょう。

夏バテを引き起こすメカニズム

夏は自然界にある陽のエネルギーが盛んな時期ですが人間も同じく、体内のエネルギーが旺盛になって心も体も開放的になり外に向かいます。通常はこのエネルギーは汗をかいたり、体を動かすことで発散することでバランスを取っているのですが暑いからといって冷房の効いた涼しい部屋で一日過ごしているとうまくエネルギーや熱が発散できずに身体の内側にこもってしまいます。

また、汗をかいた後にうまく水分補給ができず身体のうるおいが失われ、気の消耗が加わって夏バテが引き起こされます。

冷たい飲み物は夏バテには逆効果

食べたものや飲んだものを消化吸収して体に必要な「気(き)・血(けつ)・水(すい)」を作り、それを体に運搬するのが脾(ひ)という働きです。この脾は冷たいものにとても弱く、冷えたビールやジュースに含まれる砂糖や炭酸飲料水、冷たいアイスなどはこの脾の働きを弱めて消化能力と運搬能力を弱めてしまいます。

飲んだ水分は全ての量が体を潤すわけではなく、この脾の働きで消化吸収されてはじめて栄養たっぷりな体を潤す「水」となります。つまり冷たいものばかり飲んでいると脾の働きが弱まるだけでなく、お腹の中で水が溜まったままになりこれが食欲不振や胃の重み、だるさに繋がってしまうのです。

さらにアルコールは水分補給には入りません。水分補給は常温の水やお茶が好ましいでしょう。

水分を補うものを摂る

暑さや運動によってたくさん汗をかくことによって失われるものは水分とミネラル分です。効率的な水分補給とともに失ったミネラルを食材で補給することも忘れてはいけません。

新鮮なきゅうりは水分をたっぷり含んでいます。さらにトマトやスイカもおやつ代わりに食べることで効率的に水分とミネラル分を補給できます。梅やレモンには疲労回復効果が期待できるクエン酸も含まれています。

効果的な食材:きゅうり、トマト、くわい、長いも、梅、レモン、スイカ、梨など

身体にたまった熱を逃がす

熱をため込んでほてった身体をクールダウンさせるには、熱を冷ます寒涼性の食材を食べることで解決できます。夏野菜には身体から熱を逃がす働きを持つ食材が多くあり、トマトやスイカもその仲間になります。さらに、解毒作用のあるにがうりなどを摂取することで体内にこもった毒素を上手に排出してむくみ解消にもつながります。

効果的な食材:緑豆、小豆、緑茶、にがうり、きゅうり、とうがん、トマト、スイカなど

「気」を補うものを摂る

汗をかくと、一緒に「気」も体の外に出ていってしまいます。気は体を動かす原動力であり、気が失われるとけだるさや倦怠感など日々の生活に張り合いも持てなくなってしまいます。気を巡らせる食材を積極的に摂ることで夏バテに負けない元気な体作りにつなげましょう。

効果的な食材:そら豆などの旬の豆類、かぼちゃ、鶏肉、お米、アジ、いわし、かつおなど