「四気」と同様、薬膳で大きな柱になっている考えが「五味」です。実はこの五味も難しいことはなく、わたしたちが日ごろ食べ物を口に入れて感じているその味を分類したものです。

五味とは

「五味」とは、食材の味覚や働きから割り出したもので、食材それぞれの味が違えばその食材のもつ働きも変わることを表しています。五味は体の五臓(肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓)にそれぞれ対応しています。

食材にはそれぞれ味があり、口に入れると舌がそれを感じます。「すっぱい(酸味)」「辛い(辛味)」「甘い(甘味)」「しょっぱい(鹹味・自然のしょっぱさ)」「苦い(苦み)」の5個に分類されます。

酸味の食材・性質

筋肉のタンパク質を変性させることにより組織や血管を縮めるたり(収れん作用)、体液などが漏れるのを抑え、引き締める働きがあります。汗の出過ぎを抑える、下痢、頻尿、精液のもれなどに効果があります。食材で言えば 梅、レモン、酢、ローズヒップ、サンザシ、いちご、トマトなどが酸味の食材に分類されます。レモンや梅など口に入れずに想像するだけでも唾が出てくるような食材です。

ただし、汗を出したいときや尿を排出してむくみを改善したいときに酸味の食材を取り過ぎると逆効果となるので注意が必要です。

苦みの食材・性質

苦みの食材は余分な熱や毒をとって炎症を抑え、湿気を取って乾燥させたりする働きがあります。また、便通を良くする働きがあります。ただれた肌の疾患や、おりもの、夏バテ、便秘を解消させたりする作用が期待できます。

緑茶、ぎんなん、陳皮(みかんの皮を乾燥させたもの)、はすの実、みょうが、にがうりなどが苦みの食材に当たります。どの食材も口に入れると苦みや渋みを感じる食材ばかりです。冷え体質の人や、胃が弱く下痢気味のときは摂り過ぎるとかえって体が冷えて下痢が続くことがあるため注意が必要です。

甘味の食材・効果

甘味の食材は体に血液などの栄養成分や気を補給し、疲労回復や、痛みを和らげる作用が期待できます。疲労や虚弱体質、薬の場合は他の生薬との調和で用いることで相乗効果を狙います。お米、ピーナッツ、砂糖、はちみつ、かぼちゃやじゃがいも、牛乳、バナナ、ぶどうなどが甘味の食材に分類されます。かぼちゃやじゃがいもは甘く感じにくい食材ですが、でんぷんが党に変わるため甘味の食材となります。

食べ過ぎると胃の中ででんぷんが発酵し、お腹が張ってガスが溜まりやすいため胃腸の調子によっては取りすぎに注意が必要です。

辛味の食材・効果

辛味の食材は体を温めて気や血行を促進し、発汗させる作用があります。風邪の症状や、冷え症、冷えからくる痛みに効果があるため冷え症や寒い冬に取り入れたい食材です。 しょうが、ネギ、シソ、唐辛子、コショウ、にんにく、たまねぎなどが辛味の食材に分類されます。皮膚が乾燥している時やのどが痛いときは唐辛子など刺激の強い者の摂取を控えるのが無難です。

鹹味の食材・効果

鹹味の食材は硬いものや固まりをやわらかくしたり、排泄を促し便通をよくする作あります。リンパ腺腫、筋肉や皮膚のしこり、便秘などの改善に用いられます。昆布、わかめ、のり、エビ、イカ、あさり、豚肉などが鹹味の食材です。胃腸が急激に冷えていたり、下痢気味のときは摂り過ぎに注意しましょう。