夏は気温がぐんぐん上がり、室内にいても汗をかくほどです。この時期は特に夏バテ熱中症にも注意が必要です。

薬膳では、夏の性質は「炎熱」といい、高温になる外気の特徴を指すだけでなく、体や心にも変化をもたらします。体内にこもった熱を発散させるために汗をかき、熱いためのどが乾いたり、熱がカラダの上部に滞りイライラしたり、不眠になったりします。

夏の薬膳におすすの食材

夏バテに効果がある薬膳のポイントは熱を冷ます作用のあるものを摂ることです。火照った体を効率的に冷ますには、熱を冷ます寒涼性の食材に効果が期待できます。夏野菜を有効に利用したり、ゴーヤなどの解毒作用のあるものを取り入れていきましょう。例えば緑豆、小豆、緑茶、ゴーヤ、きゅうり、とうがん、トマト、スイカなどがあります。トマトやスイカ、きゅうりは水分もたっぷり含んでいるため、水分補給にもなります。

汗をかくと、一緒に「気」も出ていってしまい、元気が出なくなってしまいます。気は体を動かす原動力ですので常に気を蓄えておきたいものです。夏バテしないように、そら豆などの旬の豆類、かぼちゃ、鶏肉、お米、あじ、いわし、かつおなどは多くの気を含んでいます。

さらにレモンや梅、スイカなどはミネラルを豊富に含むため、汗をたくさんかく夏に水分と一緒に取りたい食材です。

夏の暑さでイライラしたり、精神活動にも影響が出てしまいますが、そんな悩みに効果がある、心を落ち着かせる作用があるものがなつめやハスの実、ゆり根、鶏卵、うずらの卵、牛乳などです。

旬食材を積極的に摂ることで気を蓄えることに繋がります。

パワー充電!ゴーヤと豚肉のひやむぎ

【材料】
ひやむぎ…200g
豚ひき肉…200g
ゴーヤ…半分
生姜…ひとかけ
にんにく…ひとかけ
ごま油…大さじ2
酒…大さじ2
しょう油…大さじ2
塩、こしょう…適量
めんつゆ…好み

【作り方】
1.ゴーヤを半分に切り、スプーンでワタを取り除き塩でもんでしんなりさせるまでおきます。しんなりしたら軽く洗い、しっかりと水分を絞っておきます。ゴーヤの苦みが苦手な場合は白いワタをしっかり取り除きましょう。塩もみすることで苦みは多少おさえられます。
2.にんにく、生姜を粗みじんにします。
3.肉そぼろを作ります。フライパンに油を入れ、豚ひき肉を入れてほぐすように炒めます。色が変わったらゴーヤを入れしょうがとにんにく、酒、しょうゆ、塩こしょうを入れて水分がなくなるまで炒めます。
4.ひやむぎをゆでます。ゆであがったら水にとってぬめりがなくなるまでしっかりと冷やしながら洗います。
5.ひやむぎを器に盛り、肉そぼろをかけて完成です。

ゴーヤは解毒効果が高く、体の中の余分な水分を体外に効率よく輩出する手助けをしてくれます。しょうがやにんにくは季節を問わないパワー食材です。豚肉のビタミンB1 は疲労回復に効果があり、挽肉になっていることで消化も早く負担をかけにくいので夏のつかれた胃に優しく食べることができます。また、豚肉に刃体を潤してくれる効果もあります。ひやむぎやそうめん以外に冷奴のトッピングとしても使える便利な肉そぼろは夏の定番になりそうです。

 

薬膳ダイエットのポイント

薬膳ダイエットを始める前にまず知っておきたいのがダイエットのメカニズムです。カロリーを意識することも大切ですが、食材の特性を知ることでダイエットにつなげることができます。体が温まることで代謝が上がって脂肪が燃焼しやすくなるため体を温める食材・調理法を意識することが大切です。

薬膳の考え方で食材をみると体を温める食材は身近にたくさんあります。しょうがやにんにく、唐辛子やねぎなどどこのご家庭にもあるような食材です。そのほか野菜では二ラや山芋、かぼちゃ、くるみや松の実などのナッツなどがあげられます。

さらに体内の毒素をうまく輩出することもきれいに痩せるポイントです。パクチ―やゴーヤなどがそれに当たります。

ねぎたっぷりの体ポカポカ炒め

【材料】
長ねぎ…1本
玉ねぎ…1個
小葱…1/2束
豚バラ肉…200g
塩こしょう
酒…大さじ2
しょうゆ…大さじ3
オイスターソース…大さじ1
サラダ油…大さじ1

【作り方】
1.豚バラ肉は3等分の長さに切って塩こしょうを振ります。
2.玉ねぎはくし型切り、大きめの斜めに切ります。小葱は小口切りにしておきます。
3.フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を入れて色が変わるまで炒めます。いったん取り出しておきます。
4.同じフライパンに玉ねぎを入れてサッと炒め、長ねぎを追加してしんなりするまで炒めます。豚肉を戻してサッと炒め合わせ、調味料を入れて炒めます。
5.仕上げに小口切りにした小葱を入れて出来上がりです。

ねぎは体を温める効果が抜群です。三種類のねぎを使って食感の違いが楽しめる炒めものにしました。豚バラ肉は脂肪が気になる場合は切り落としなど脂肪分が少ないものに変えてください。

代謝アップ!鮭の具だくさん薬膳みそ汁

【材料】
鮭…一切れ
マイタケ…パック半分
じゃがいも…1個
大根…5㎝ほど
ごぼう…10㎝
みそ…大さじ5杯
酒…大さじ1
塩…適量
しょうゆ…適量
出汁…500㏄
ごま油…大さじ2

1.鮭は全体に酒を振ってしばらく置いて臭みを取ります。マイタケはほぐし、じゃがいもと大根は皮をむいて大きめのイチョウ切りにします。ごぼうは包丁の背で皮をこそげ落とし、大きめの笹が気にして水にさらします。
2.鮭は3等分にカットしてグリルでしっかりと焼き、骨を外しておきます。
3.鍋にごま油を熱して大根、ごぼう、じゃがいもを入れて炒めます。水を入れみそで味を調えて鮭、マイタケを加えてひと煮して出来上がりです。

マイタケは食物繊維がたっぷりで腸内環境を整えてくれます。鮭は気血を整えて血の巡りをよくしてくれます。さらに胃の調子を整える働きもあり、疲れた胃にやさしいスープです。温かいスープをゆっくり食べることでさらに代謝がよくなります。

ごま油で炒めることでダイエット中にも満腹感があるスープです。鮭の身をほぐしてゆでたハト麦やごはんを入れて軽く混ぜ、雑炊風にしてもおいしいダイエット薬膳ご飯です。